活用いろいろ(フラワーポット)

 

こんなことにも使える。

ここでは、マグカップを活用した例をご紹介しようと思います。

最近は、マンションの方でも、ベランダに植木鉢を置かれている方も多いと思います。ベランダは日当たりも良く、大雨などの際には部屋に入れるとか気をつけてあげれば良いですね。ただ、「庭もベランダもないから、植物は好きだけど無理かな。それに植物は手入れも大変でしょう。」という方も多いと思います。センスが良いお宅に伺うとテーブルにさりげなくグリーンが置かれているのを見かける事が多いですね。そこで、ご提案です。

お部屋のテーブルに、グリーンのアクセント

オシャレなフラワーポットに映える可愛らしいグリーンは、お部屋のインテリアのアクセントになってセンスをアップさせてくれます。可愛らしいグリーンと言うと、例えば多肉植物があります。

多肉植物は葉などに水分を蓄え乾燥に強い植物で、ぷっくりした葉のものやカラフルなものも多く多種多彩なところが魅力的です。インテリアの一つとして若い女性にもブームになっています。最近ではインテリアショップなどでも見かけますね。プチプラな所では100均にも様々な種類が置いてあり、気軽に試せて良いですね。水やりが頻繁にしなくても良いので世話が楽なのも人気の一つです。色々な方がアップされている画像を見ても、シャビーな感じの輸入缶に植えていたりガラスポットに植えていたりと工夫を凝らしてセンス良く活用しています。

多肉植物は、マグカップのフラワーポットで育つ

水やりがたまにで良い多肉植物なので、植木鉢も底面に穴が開いてない、缶やビンでも育つ様です。でも、実際にうまく育つのか、不安ですね。穴がないと水の通りが悪く、植物がうまく育たないというのも確かな理論です。では、試しに底のない小さいマグカップ(高さ:75mm 径:73mm)に植えてみました。かわいい植物にマッチする小さいものです。

持ち手も付いているので、持ち運びも楽なのが便利です。3日に一度水やりを行いました。始めは、水の量さえわかりませんので、軽く土が濡れる程度にしました。これで、元気が無くなってきたら、水を増やせば良いかな。という感じで試行錯誤です。置いてある場所は、窓横の朝日がよく当たる場所です。午後は、日光はあたりません。

4月に鉢植えを行ったものが無事に育っています。約3ヶ月が経過しましたが大きくなってきました。 写真がないですが、9月に入りすべて元気に育っております。4ヶ月経ちましたが、今のところ心配はない様でした。

先日、仲間を増やしてあげようと思い、セダムという種類を買ってマグカップのフラワーポットに植えてみました。

多肉植物用フラワーポットとして使ってみませんか。

多肉植物にぴったりのフラワーポット。しかも、デザインが自由に作れるマグカップをフラワーポットにするのは自分好みに出来るので最高ではないでしょうか。それぞれの多肉植物にマッチしたデザインで相性は抜群です。

当社では、今後いろいろなデザインをご提案していきます。あなたも多肉植物を植えて育ててみませんか。

ご注文・お問い合わせ